FAQ

お客様からよく寄せられるご質問とその答えを公開しています。
お問い合わせの前にぜひご一読ください。

その他でご不明な点がありましたらContactからお気軽にご質問ください

​楽器全般など

ハンドパン(Handpan Pantam)誕生の経緯を教えてください

ハンドパンは2000年頃、カリブ海発祥の旋律打楽器スティールパンを製作していたスイスの楽器会社によって開発された新楽器です。

スティールパンの音作りをベースにしてインドのガタムやインドネシアのガムランなどからヒントを得て考案されました。

楕円形の音盤から作られる3倍音(完全5度)のハーモニクスを強調しているため、とても心地良い美しい音色が響き渡るのが特徴です

一見、ユニークな形状もヘルムホルツ(内部共鳴)の原理に基づいて設計されていて、各音盤にはディンプル(凹み)がつけられているため、

手で叩く分には音程が外れる事はありません。高温にも強く、熱に晒されても冷めれば音程が元に戻る性質があります。

所謂、民族楽器とは一線を画する、理論的な設計に基づいた新楽器と言えるでしょう。

昨年末からは​新素材Ember Steelも発表され、益々進化を続けています。

​​発表当初は、見向きもされない超マイナー楽器でしたが、2008年頃から主にヨーロッパでブレイクし現在では世界中で愛される楽器になっています。

 

ハンドパン(Handpan Pantam)の価格や質などについて教えてください

ハンドパンの価格は一般的に日本円で¥150,000〜¥400,000くらいです。

高価格帯のハンドパンでも相応の価値を見出せないものも中にはありますが、低価格帯のハンドパンは

明らかに品質が低く手間暇を省いたことをメーカー側が認めていることの証明になります。

それでは、ハンドパンの質とはなんでしょう?
これはすべての楽器に言えることですが、楽器の良し悪しを左右する大きな要因の一つにトーンバランスが挙げられます。

Ding(Center Note)から始まり、低音部から高音部までが均一なトーンで鳴ることが大事です。
よく響かずに強く叩かないと鳴りにくい音盤があったり、逆に軽く叩いてもキンキンと鳴ってしまう耳障りな高音部があるパンは

バランスが悪いという証左です。
 

また、音盤表面にハンマー痕が著しく残っているものなどもクオリティーの低さを物語っています。

ハンドパンは、一枚の鉄板から作られる体鳴楽器ですので、音盤表面に凸凹が少なく楽器全体が滑らかに仕上がっていることが

音響(アクースティック)の観点からも絶対要件です。

さらに、安定した音程の外れにくい音盤を作ることが質の高い楽器を作る上でとても大事なポイントです。

その為には、時間を惜しまずにチューニング中に何度も熱処理を施して応力を除去しながら作業を進めてゆくことが求められます。
 
当方では、これらの点に留意した質の高い楽器作りを目指し、様々なJig(器具)を開発したり、多くの時間を製作に関する研究に

割きながら、より良いハンドパン作りを目指して日々妥協することなく真剣に作業に取り組んでいます。
​私は、これからも一作一作に魂をいっぱい注ぎ込んだsonobe(Handpan)を情熱と共に作り続けます。

2019年からは、水圧の力でShellを作るHydro Forming MachineやオランダのメーカーAyasaから深絞り(Deep Drawn)技術で作った

窒化鋼Shell、最近では、新素材Ember Steelも採り入れました。

2021年度も、お客さんの顔が見える範囲での小単位のオーダーを取りながらコツコツと製作に励んでおります。

 

sonobeの素材について教えてください

選べる素材は3種類あります

窒化鋼 :アンモニアを触媒にして熱処理した鋼板。表面が硬化しているので、撓みが少なく落ち着いた静謐な響きが出ます。

53cmモデルに使用します。<サンプルビデオ>https://www.youtube.com/watch?v=jxghoXPfX_s

ステンレス#430 : フェライト系のステンレスではもっともポピュラーな種類です。Ember Steelに比べると、特に中~高音域に

ややブライトな印象があります。残響音の長さが顕著です。

50cm、45cmモデルに使用します。<サンプルビデオ>https://www.youtube.com/watch?v=da7VMFe825c

Ember Steel : ステンレスの一種で最も新しい素材です。(From Ayasa Instruments) 

低音域から高音域まで鉄とは思えない温かみのある優しい音色が特徴です。そして残響の余韻が長く倍音が美しく響きます。

53cmモデルに使用します。<サンプルビデオ>https://www.youtube.com/watch?v=VqBAK2O9Cr0

サイズや重さについて教えてください

私が作るハンドパンのサイズは3種類あります

直径53cm / 高さ27cm 重さ 約4.5kg 広音域から低音域までのスケールが製作可能です。スタンダードサイズと言われています。

直径50cm / 高さ25cm  重さ 約4.2kg 一回り小さめですが、音色、音量ともに本格的です。中~高音域のスケールが製作可能です。

扱いやすいので特に小柄な女性の方にオススメです。

直径45cm / 高さ23cm 重さ 約3.9kg コンパクトで軽いので、旅のお供に最適です。

比較するとやや響きは弱まりますが、音色、音量は楽器として十分にあります。

高音域のスケールが製作可能です。​

 

ボトム(裏面)に、音盤を追加出来ますか?​

はい出来ます。以下、加工代金になります。

Bottom : Ab2~B2 ¥30,000- C3~E3 ¥25,000- F3~B3 ¥20,000- (Apex Dimple/凸型)

C4~D6 15,000- (Inpex Dimple/凹型)

​432Hzや純正律などの指定でチューニングできますか?

​はい、出来ますのでご相談ください。

​表面の色はなんですか?

炉で焼いた際にできる酸化被膜です。

4th Generationと新素材Ember Steelの違いを教えてください

4thもEmberも素材自体は同じステンレスです。

4thは、#430と呼ばれる種類のステンレス。

Ember Steelは、磁力のあるフェライト系のステンレスを熱処理した種類のステンレスです。

 

4thGen.は、Ding部分のプラットホームがShell成型時に既に固定されているので、

いわゆるMutantタイプ(Topに高音部を何音か足すモデル)は作れません。

シンプルな9音タイプが基本形になります。ボトムには、C3~F5までの音階が入れられます。

透明感のある音色とサラウンド的な残響音が特徴と言えます。

4th Generation参考ビデオ

 

Ember Steelは、E2の様な低音域から高音域までのスケール製作が可能で、

Mutantタイプ(Topに高音部を何音か足すモデル)にも対応しています。

ボトムには、Ab2~D6までの音階が入れられます。

静謐ながらも奥深く、温かみのある音色が特徴と言えます。

​注文やお支払いなど

注文から発送までの流れを教えてください

ご注文は、Eメールにて受け付けております。

Contactのページから、お名前、住所、電話番号、ご希望のスケール名、ボトム(裏面)への追加音階名、

また、簡単で構いませんのでプロフィールも添えてお申し込みください。

折り返し、お見積もり、納期などを記したメールをご返信いたします。

内容をご了承いただけましたら、注文請書メールをご送付して正式に注文完了となります。

なお、ご希望のスケールやボトム(裏面)への追加音階などが未定の場合でも仮予約は可能ですのでお気軽にどうぞ。

ウエイティングリストにPre-Orderとして登録いたします。

 

キャンセルは出来ますか?

製作直前までキャンセルは可能です。キャンセル料は掛かりません。

 

カスタムスケールの製作は可能ですか?

スケール配置図をご提示いただいた上で製作の可否をご相談ください。

 

配送業者どちらになりますか?

国内向けにはヤマト運輸 

海外向けには日本郵政が扱っているEMSサービスを利用します。

 

配送の際の荷姿はどうなっていますか?

ケースを同時購入された方へは、楽器をケースに収納し、厚めのダンボール箱に梱包して発送します。

お手数ですがダンボール箱は廃棄願います。

ケースが必要ない方へは、楽器を当方所有のケースに収納し、厚めのダンボール箱に梱包して発送します。

楽器到着後、空ケースとダンボール箱をご返送いただきます。

 

支払い方法や支払い時期はどうなっていますか?

通常は、楽器完成後、当方指定の銀行口座までお振込みをお願いしています。

ボトムにも音数が多いスケールをご注文頂いた場合は、楽器価格の10%を製作準備金としてあらかじめお預かりさせていただきます。

また、その場合は出精値引きも致します。

 

分割払いやカード決済は出来ますか?

​申し訳ありませんが、受け付けておりません。

​メンテナンスなど

メンテナンス方法を教えてください

サビ防止のため、演奏後には楽器表面に付着した手指の脂分を取り除いてください。

添付のクロス(マイクロファイバー)にアルコール液(手指消毒液)を染み込ませてから拭き取ると効果的です。

また、表面が乾いてきたらPhoenix Oilを薄く全体に塗布してください。(裏面も)

メンテナンスオイルは、Phoenix Oilにこだわらずにナチュラルな成分で生成された

オイルであれば基本的に何を塗っても構いませんが、Phoenixは少量でも全体に伸びて、

余分な油を拭き取ると表面がサラサラになるのが特徴です。

取扱上の留意点を教えてください

♦︎スティックなどで強打しないでください。また、誤って落とさないように注意してください。

♦︎当方のハンドパンは表面が熱くなっても冷めてくれば音程は元通りに戻りますが、

夏の直射日光は長時間浴びせない様ご注意ください。

♦︎雨水等に晒さないでください。

♦︎保管の際はケース内に収納したままにしないで、なるべく湿気の少ない環境下で保管ください。

♦︎誤って落下させたり、スマホなどを楽器表面に落とさない様にご注意ください。

 

他社のハンドパンを修理したり、チューニングしてくれますか?

申し訳ありませんが、他社製のハンドパンのチューニングや修理は一切お断りしています。

主な理由は、各メーカーにはそれぞれチューンングの際のHammeringアプローチに独自の癖があるからです。

購入後のメーカー保障はありますか?

通常の演奏方法では音程や音色は一切変わらない様に留意して製作し、チューニングしていますので、

特に保障制度は採用していませんが、誤ってモノを落としたりした際のチューニングは何度でも無料にて承ります。

(落下等で著しく楽器が損傷した際は、別途修理代金をいただくことがあります)

音程は変わりやすい楽器ですか?

各音盤にはディンプルがつけられているため、手で叩く分には音程が外れる事がありません。

当方では、より安定した音盤作りを心がけ、低温焼き戻し処理を施して応力(元に戻ろうとする性質)を

除去しながらチューニングしています。

また熱にも強く、日光などで高温に晒されても冷めれば音程が元に戻る性質があります。

Copyright © 2014  sonobe  All rights reserved.