about Handpan

ハンドパンとは

ハンドパンは、2000年頃、かつてスティールパンを製作していたスイスの楽器会社によって開発された新楽器です。インドのガタムやガムランなどからヒントを得て考案されました。

 

形状は、上下のシェルが接着されていて、下部中央にはサウンドホールが空いています。

また、各打面には音盤を安定させるディンプルが付けられています。

素材には窒化した鋼板を使用しており、より静謐な音色が出る様に工夫されています。

表面を覆う色は焼いた際に出来る酸化被膜です。

 

スティールパンよりも残響音が長く、3倍音(5度)のハーモニクスの美しさを強調しているため、とても耳に心地よい音色が響きます。

2008年頃からヨーロッパでブレイクし、現在では世界中で愛される楽器となっています。

ハンドパンの演奏について

この楽器は、ドラムなどのいわゆる打楽器ではありません。またビブラフォンなどの旋律打楽器でもありません。元々は、Sound Sculpture(音による彫刻)と称され、音色や響き、漂う倍音などに静かに耳を傾けて楽しむものです。

演奏に際しては、出来得る限り優しく触る感覚を心がけてください。

各音盤の中央にあるディンプル(凹み)部分に人差し指や親指が素早く触れる感じで弾くと美しい音色が生まれます。

Ding(センターノート)は、Dome(突起部分)を人差し指の先か、人差し指全体を使って弾いてください。

Ding(センターノート)周囲に混在する数え切れないほどの倍音群(俗にShoulder Notes) に関してだけは、指先で弾(はじ)くように叩いて鳴らしてみてください。

近年、街頭などで金銭授受目的で演奏する方がおりますが、音を広く周囲に響かせて人々から注目を得ようと努力するあまり、どうしても力強く叩いてしまうという傾向がみられます。

過度な力を込めて叩かれることを、この楽器は望んでいませんし、本来の良さを台無しにしてしまいますので、そのような奏法は出来ればお止めください。

山や川岸、野原や森などの自然の中に身を置いて、(目を瞑りながら)自分の心の赴くままに弾いてみてください。

そして、あなたの自由な閃きから生まれ出た、宙を彷徨い漂い続ける音の紋様たちと無心で戯れてみてください。

​​​

しばしの間、時や日常を忘れ、ピュアな解放感に身を浸していただけたらと思います。

ハンドパンの価格について

ハンドパンの価格は一般的に日本円で¥150,000〜¥400,000くらいです。価格帯の変動の主な理由は、やはりそのクオリティーによります。


¥400,000のハンドパンでも相応の価値を見出せないものも中にはありますが、低価格帯のパンは、明らかに質が低いことをメーカー側が認めていることの証明になります。
それでは、ハンドパンの質とはなんでしょう?
これはすべての楽器に言えることですが、楽器の良し悪しを左右する大きな要因の一つにトーンバランスが挙げられます。Ding(Center Note)から始まり、低音部から高音部までが均一なトーンで鳴ることが大事です。
よく響かずに強く叩かないと鳴りにくい音盤があったり、逆に軽く叩いてもキンキンと鳴ってしまう耳障りな高音部があるパンはバランスが悪いという証左です。
 
また、音盤表面や裏面にハンマー痕が著しく残っているものなどもクオリティーの低さを物語っています。前者の理由として、パンは、一枚の鉄板から作られる体鳴楽器ですので、音盤表面に凸凹が少なく楽器全体が滑らかに仕上がっていることが音響の観点からも絶対要件です。
 
Sonobe(Handpan)Teamでは、これらの点に留意した質の高い楽器作りを目指し、様々なJig(器具)を開発したり、多くの時間を製作に関するディスカッションに割きながら、より良いハンドパンを目指して日々妥協することなく真剣に作業に取り組んでいます。
時には、製作途中で中断し、一から作り直したりもします。(素材自体の問題が発生することもあります)

我々は、2019年度も一作一作に情熱と想いをいっぱい注ぎ込んだ21世紀の解放系瞑想楽器、Sonobe 5G.を日々進化させながら情熱と共に作り続けます。

Sonobe 5G.Tuner / 園部 良

Copyright © 2014  sonobe  All rights reserved.